女性は見た目?!10歳若く見せる裏ワザ大公開!

「疲れ顔」。

それは、肌のくすみやたるみ、毛穴、目の下のクマなどにより、

会う人に疲れた印象を与えてしまう顔の状態です。

顔が疲れて見えるだけで、なんと、5歳以上も見た目年齢を引き上るといわれています。

feeling-sick-and-tired

この「疲れ顔」は、誰にでも現れる可能性があります。

それは美のプロフェッショナルであるモデルや、人前に立つアナウンサーも同様。

彼女たちはどのような疲れ顔対策をしているのでしょうか?

モデルのたるみ対策はどのように?

◆たるみに悩んでいたAさん(32歳 主婦モデル)

001

20代後半から肌のたるみが気になるように。

子どもが生まれて忙しくなったことで、スキンケアがおざなりになり、

ますます年齢を感じています。

肌の弾力低下がたるみの原因と知り、ハリの元の一つであるコラーゲンと、

自肌のコラーゲン生成を助けるCVアルギネートに注目。

スキンケアを見直すことで疲れ顔を解消しました。

モデルの秘密⇒ 【CVアルギネートとは?】

肌のキメを細かく、毛穴を引き締めた、アパレルプレスの秘密

◆毛穴に悩んでいたBさん(アパレルプレス 35歳)

Shop-Girl

年々肌のキメの粗さが気になってきていました。

毛穴を引き締めることがキメの細かい肌に繋がるとの情報をキャッチし、

クレンジングの方法やコットンの使用法を再確認、

スキンケアの方法を一から学びなおしました。

生活が不規則なフリーアナのくすみ改善マニュアル

◆くすみに悩んでいたCさん(フリーアナウンサー 29歳)

002

生活が不規則で肌がくすみがち。

原因が血行不良にあると知り、スキンケアタイムにマッサージを行うようにしました。

なじみのよいクリームでスキンケアの一環にマッサージを取り入れることが

くすみの改善につながりました。

クリームは、マッサージ専用でなくても、

化粧水などとライン使いする方が効能がアップします。

最近では、忙しい毎日の中でスキンケアの時間を確保するのも大変、

という人は珍しくありません。

 

しかし、きちんと効果のあるスキンケアを使って、お手入れを行えば、

お肌は必ず応えてくれます。

マイナス10歳肌を手に入れるために、お肌に合ったスキンケアを行いましょう!

口コミで大人気のスキンケア⇒ B.A RED はこちら